TWITTER
PROFILE
CAFE LARGO
VIVO
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
JUGEM
MOBILE
qrcode

適当な日々。

大阪・福島Cafe Largo/阿波座vivoのマネージャーをやってるヒトによる雑記です。
<< 成長 | main | 格好 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
真理・本質

寒い。ですねぇ。
あっつーいコーヒーが染みます。
でもス◯ーバッ◯スなんかのあの飲み口のところは凶器です。ほぼ100%ヤケドします。





さて。

「真理・本質を見極める。」



そんなことを漠然と考えています。

普段、僕達が見ているもの、選ぶこと、買う物、食べる物。
これらはすべて本当に自分の眼で、手で、頭で、選んでいるのか。
実は誰かに選ばされているのではないかと感じることが最近多いのです。

最近フラッシュマーケティングというサービスが台頭してきました。
クーポン共同購入サイト、グルーポンなどです。
これは確かに面白い発想で、可能性を感じるものではありました。
しかし「サービス提供者側の視点から」の“美味しいビジネス”なんだろうなという、
そんなふうに感じることができただけです。

僕たちは実店舗を構え、お客様に直接自分たちの手で
自分たちの商品を自信を持って届けるお仕事を行っています。

そんな僕の目からすれば、フラッシュマーケティングというものは
とても危険なものに感じてもいたんです。
つまり、人の購買意欲の心理を巧みに利用したサービスなんじゃないかと感じた。
本当にお客様にとって豊かなものをもたらすものには思えなかった。
うーん、何というか、「セコい。」そんな感じ。
退蔵益ビジネスという言葉も知りました。寒気がしました。

人が美味しいものを作り、それを本当に求める人たちに届け、
そしてお客様には素敵な時間・体験が訪れ、そしてそれによって僕達もこの上ない喜びを得る。
これが飲食業の原点であり、全てだと思うのです。

安いから。便利だから。手軽だから。
僕はこんな理由で自分たちのお店を選んで欲しくありません。
ここでしか過ごせない時間、味、体験。
そんな事を求めて選んでいただきたいと思い、日々頑張っているつもりです。

綺麗事だなーとハッキリ言われてしまうようなお話でしょうね。
それでも、これをビジネスだからと妥協し始めるのなら、
この世界から「ええ店」は消えます。
僕はそう思います。

僕自身、これから自分の眼でしっかりと真理・本質を見定め、
日々自信を持って選択していく事を意識していきたいと思います。

| Diary | 09:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 09:53 | - | - | pookmark |









http://ihateyourhate.jugem.jp/trackback/149